我が家がストックしている食品

我が家に必ずストックしている食品がいくつかあります。

まず、好き嫌いが多い次男がこよなく愛するジャガイモです。

私の住む地域では、ジャガイモの旬である夏の終わり頃、10キロの箱入りが800円ほどで売り出されるので、秋冬に備えて5箱買い込みます。



コロッケ、みそ汁の具、フライ、ベーコンの炒め物などを毎日のように作っていると、5箱のジャガイモもどんどんなくなっていってしまいます。

手ぶらでバーベキューについて調べるならこのサイトです。

次に長男用のストック食品は、カップラーメンです。
中学3年生の彼の食欲は留まるところを知らず、夕食後数時間もすると、腹が減ったと決まり文句を言い出します。なので、安いときにまとめ買いをしておくのです。
夫用にストックするものは枝豆です。


もちろん晩酌用ですが、以前はビーフジャーキー類も夫用にストックすべき食品でしたが、お腹が出てきたためきっぱりとやめました。

このように、3人専用の食品があるのですが、それ以上にこだわりの食品を持っているのは私です。

まず一つ目はチョコレートなどのお菓子です。
これは昼間、ドラマを見ながら、読書をしながら食べるのに欠かせません。

バーベキューセット一式をレンタルできるお店に関する役立つ情報をまとめています。

次にゴマです。
ゴマを摂るようにして以来、体調が良くなったので、食卓の上に常備している食品です。


次にたらこです。

単なる大好物な食品だからです。
このように、我が家の冷蔵庫や食品庫を覗いてみると、長男や次男、夫に恩着せがましく、ジャガイモなどを買っておいたよという私ですが、実は自分のものが一番多いのだということに気づきます。

スーパーへ買い物に出かけ、バナナを見かけると次男が好きだから、ヨーグルトを見かけると長男が食べるだろう、と家族の顔を思い浮かべながらカゴへ食品を入れるのは、とても楽しいことです。


しかし、成長期まっただ中の子どもたちにかかる食費は相当なものです。

子ども達のため、そしていつも後回しになってしまう夫のため、少し自分のものは我慢して、家族のために頑張ろうと誓う私です。